【日経新春杯】ステラヴェローチェ 強風にも負けず好時計!さらに状態アップ、M・デムーロ「納得の内容」

2022年1月14日 05:30

デムーロを背にCWコースにて併せ馬で追い切るステラヴェローチェ(撮影・亀井 直樹)

 「第69回日経新春杯」で主役を張るのは昨年クラシック皆勤、有馬記念4着のステラヴェローチェだ。M・デムーロを背に栗東CWコースで、トップハンデタイの57キロをはね返す勢いのある走りを披露した。

 早朝から強い風が吹いた栗東。昨年暮れの有馬記念4着ステラヴェローチェはM・デムーロを背にCWコースに向かった。序盤は前向きな気持ちをなだめながら、折り合い重視で進めていく。走りづらいコンディションにもかかわらず、余力十分の手応えで直線に向くと一気にギアを上げ、6F81秒0~1F11秒2の好時計を刻んだ。重心の低いフォームで体幹がしっかりしている。文句なしの気配だ。当初は先導役リューベック(3歳1勝クラス)と併せ馬を行う予定だったが、鞍上がセーブして単走の形。もう負荷はいらないと判断した。M・デムーロが感触を口にする。

 「この時計なら十分。動きも良かった。(直線で)前の馬をかわせなかったけど、自分的には納得の内容だった。前走の疲れは全くないし、むしろ使ったことで状態は上がっている」

 昨年は皐月賞3着、ダービー3着、菊花賞4着とクラシック3冠を皆勤した。豪華メンバーがそろった前走・有馬記念はスタートで1馬身ほどの出遅れがありながら勝ち馬エフフォーリアからコンマ3秒差4着。中団の外めを追走し、3コーナーすぎから進出すると上がり3F35秒9と出走メンバー最速タイの脚で見せ場をつくった。鞍上は「少し出遅れたし、思ったよりも流れが落ち着いた。ヨーイドンでは分が悪かったかな。それでも凄いメンバーで4着だし、いい経験になったと思う」と評価する。

 バゴ産駒特有のパワーに加え、展開不問の自在性を兼ね備えたレース巧者だ。この舞台は3走前・神戸新聞杯でV。「能力は高い。左回りは実績があるので楽しみ」とコース適性を強調する。M・デムーロは先週フェアリーSをライラックで制し、早くも今年の重賞初制覇を飾った。勢いあるジョッキーを背に、年明け初戦でV発進を切る構えだ。

特集

2022年1月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示