【京成杯】ヴェールランス 藤岡師動き満足「時計は出ている」

2022年1月14日 05:30

藤岡佑介が騎乗し、スパイラルノヴァ(右)と馬体を併せて追い切られたヴェールランス

 ヴェールランスは母が16年桜花賞馬ジュエラーだ。追い切りはCWコースで先行するスパイラルノヴァ(4歳2勝クラス)の内に併せ、5F65秒7~1F11秒3で首差遅れ。手応えで明らかに見劣ったが藤岡師は意に介さない。「動き自体は目立っていないが時計は出ている。(ラスト1F)11秒台前半なら十分」と満足げ。エリカ賞2着で休み明けを叩いて重賞へ。母は切れ味が武器だったが「前めで上手に競馬ができている」とレース運びのうまさをアピールしていた。

特集

2022年1月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示