【根岸S】テイエムサウスダン 坂路でびっしりラスト1F11秒7、飯田雄師も好調アピール

2022年1月27日 05:30

岩田康誠が騎乗し、坂路でラスト11秒7をマークしたテイエムサウスダン

 テイエムサウスダンは岩田康を背に坂路単走でビッシリ追われ、4F54秒9~1F11秒7を刻んだ。飯田雄師は「状態はいいとジョッキーは言ってくれた」と好調をアピールする。昨年12月の兵庫GTは好位の外からゴール前で抜け出し、4度目の交流重賞制覇。「4コーナーで前に追いついて、最後は差し切った。年齢を重ねるごとに力をつけているし今なら中央でも通用する」と自信たっぷりだ。

特集

2022年1月27日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示