【東京新馬戦】アルゲンテウス 最速上がりで突き抜けた!武豊称賛「直線は抜群に切れました」

2022年1月30日 05:30

 東京6R新馬戦(芝1600メートル)は後方を追走した3番人気アルゲンテウス(牡=小島、父シルバーステート)が馬群をさばき、メンバー最速の上がり3F33秒4で突き抜けた。

 騎乗した武豊は「気性的には幼いけど、道中はリラックスして走れた。直線は抜群に切れました」と称賛。小島師は「ゲートはあまり出ないと思っていた。ジョッキーがうまく乗ってくれました。東京マイルでまず結果を出してくれたので今後もこのあたりを目標にできれば」と笑顔だった。

特集

2022年1月30日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示