【浜田・東京本社ワンモアトライ】新春中京は福永で初笑い

2021年1月5日 08:00

 11Rスポニチ賞京都金杯。京都が改修工事中で今年は史上初の中京開催。この設定を一番歓迎しているのがピースワンパラディだろう。当舞台は【2200】とパーフェクト連対。不良馬場だったトリトンS(2着)を除く良の3戦では、いずれも3F33秒台の最速の上がりをマークしている。大竹師いわく「たまたま」だが、キャリア12戦全てが左回り。その中でも中京は突出して相性がいい。鞍上は過去5年の中京芝マイルで最多24勝、勝率3割超えの福永。まさに鬼に金棒。(4)から。

 10R万葉Sも福永騎乗のアンティシペイト。昨年春から夏にかけ3連勝。菊花賞でも狙うつもりだったが無念の除外。長丁場はお任せのスタミナ自慢。飛躍の1年に。ちなみに中京芝3000メートルでのレース開催は12年のコース新装後で初。旧コース時代を含めてもメジロマックイーンが勝った91年阪神大賞典以来、30年ぶり。出走騎手全員が初コースという珍しい一戦で手綱さばきにも注目。(11)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示