【浜田・東京本社ワンモアトライ】31日中京11R 距離短縮のラウダシオンを狙い撃つ

2021年1月31日 08:00

 シルクロードS。高松宮記念の前哨戦だが、今年は本番と同じ舞台で行われるだけに要注目の一戦。デビュー2戦以来となる6F戦に挑むラウダシオンに注目した。

 昨年のNHKマイルCは当時、世代最速を誇っていたレシステンシアの逃げを番手マークで捉える横綱相撲。スピードの絶対値は相当高い。秋は始動戦の富士Sで2着と格好はつけたが、マイルCSでは15着に惨敗。最強マイラーが上位を占めた一戦で仕方のない面はあったが、マイルを主戦場に戦っていくには少し力不足を感じたのも事実。やや掛かり気味に走る前向きな気性からも、新天地を求めてのこの選択は正解のはず。距離は千四だが、昨春2着と好走したファルコンSの内容から中京も歓迎だ。

 2歳時にマイルで連勝した半兄アンブロジオも、古馬となっての主戦場は6F戦だった。折り合いを気にせず、スピード全開の走りなら好勝負になる。(12)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示