【浜田・東京本社ワンモアトライ】18日阪神11R アナザートゥルースの“偉業達成”に期待

2021年4月18日 08:00

 アンタレスS。アナザートゥルースは2年前のこのレースの覇者。昨年は58キロを背負いウェスタールンド、クリンチャーと“G1級”の強豪2頭に割って入る2着。あと一歩で連覇を逃したが、舞台適性を示すには十分な内容だった。7歳で迎える3度目の挑戦。近況から衰えは感じず、昨年より1キロ軽い57キロならチャンスはある。

 正確な記録ではないが重賞は連覇より隔年Vの方が数が少ないはず。競走馬もアスリートと同じで加齢との戦い。2つ年を重ねての同一重賞制覇の方が、ミッションンとしては困難だ。その点も本馬なら安心。11歳の最近まで一線級で活躍した兄サウンドトゥルーを筆頭に、高齢になっても活力が落ちない一族。加えて中3週以内の臨戦では【4410】。まさに叩き良化型のタフネスホースが隔年Vの偉業に挑む。(7)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示