【浜田・東京本社ワンモアトライ】1日阪神11R 産駒の“最後の大物”か?ジェネティクスの進撃に期待

2021年5月1日 08:00

 天王山S。種牡馬として長きに渡り、ダート短距離界に君臨したサウスヴィグラスだが18年に急死。現3歳世代がラストクロップとなった。数少なくなった父の産駒で、今最も勢いのある1頭がジェネティクスだ。通算【5102】で掲示板外なしの堅実派。5勝は全て右回り6Fで、うち4勝が阪神という舞台巧者。オープン入り初戦の前走も、後続の追い上げを鼻差でしのいで逃げ切り巧者ぶりを見せつけた。母の父サクラバクシンオーという血統構成も6Fでの無類の強さの下支えとなっている。筋肉質の巨体で初の57キロに泣くとも思えない。父が砂重賞を6連勝したのは6~7歳時。まだまだ伸びる器で、ここは通過点。(10)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示