【浜田・東京本社ワンモアトライ】6日中京11R 適距離に戻るフライライクバードが巻き返す

2021年6月6日 08:00

 高山S。フライライクバードの2走前・長良川特別は圧巻のひと言。

 2着スマイル(現3勝クラス)を7馬身ちぎる圧勝。中京11Fの勝ちタイム2分11秒2は、翌日に同舞台で行われたG2日経新春杯より0秒6速い。いつも通りの好位置で運びながら、直線で全く伸びなかった前走は、明らかに3200メートルの距離の壁に泣いた形。参考外でいい。3勝は全て11F以上だが、母や姉の活躍距離から10Fは十分守備範囲。オープンでも通用する素材。相性のいい中京で、まずは条件クラスを突破しておきたい。(8)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示