クイーンSの枠順が確定!

2021年7月30日 11:00

 実績断然のマジックキャッスルは5枠6番に入った。3歳時にはオークス5着、秋華賞2着と世代トップレベルに君臨。4歳になり、愛知杯で重賞初制覇を決めると、前走もヴィクトリアマイルで2着とタイム差無しの3着と更なる成長を遂げている。今回はトップタイの斤量となる56キロと小回り函館替わりの克服が必須となる。

 超良血のドナアトラエンテは5枠5番から重賞初制覇に挑む。新潟で行われた福島牝馬Sは前を行くディアンドルを捕まえきれずにタイム差無しの2着。それでも重賞戦線でメドを立てた脚が印象的だった。前走で連勝が止まったテルツェットは7枠9番に入った。こちらも良血牝馬。勢いのまま挑んだヴィクトリアマイルでは14着と跳ね返されたが、再出発にここを選んだ。ルメール起用で抜かりはない。

 8枠11番シャムロックヒルは前走のマーメイドSで重賞初制覇。軽い斤量と枠を生かした逃げはお見事だった。ただ今回は洋芝実績があるとは言え、5キロ増は前走時490キロの馬格でも楽ではないはずだ。

 中の人注目ウインマイティ―は6枠8番に入った。昨年のオークスでは3着に入ったが、メンタル面が足枷になって昨秋以降好走できていない。ただ陣営の努力もあって、調教でも他馬を気にする様子はなかった一報も伝わっている。ここは忘れな草賞でコンビを組んだデムーロと再コンビ。実績ある馬のカムバックに期待したい。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示