神戸新聞杯の枠順が確定!

2021年9月24日 10:40

 シャフリヤールは大外8枠10番から始動。栄冠を手にしたダービーでは皐月賞馬エフフォーリアをゴール寸前差し切り。非凡は瞬発力を見せた。神戸新聞杯に出走したダービー馬は5連勝中で、パフォーマンスに注目が集まる。最大のライバルがいないここは必勝を期す。

 5枠5番ステラヴェローチェは皐月賞、ダービーで3着に入るなどこの世代屈指の実力馬。最後の一冠を狙うならば、ここはシャフリヤールとの力関係を確かめるうえでも絶好の舞台となる。

 トライアルを制したものの、ダービーでは苦杯を喫した2頭もここに参戦。青葉賞の勝ち馬ワンダフルタウンは2枠2番に入った。デビューからコンビを組む和田が「今年のクラシックはこの馬でと思っていた」と話す期待馬で、最後の一冠に向けていい形で向かいたい。京都新聞杯の勝ち馬レッドジェネシスは7枠7番に入った。今回と同舞台を勝ち切った経験値はアドバンテージとなる。

 中の人注目は1枠1番に入ったセファーラジエル。前走の白百合Sは出遅れや乗り難しい面など課題は残したが、終わってみれば4馬身差の圧勝。夏の成長が実になれば、上位食い込みがあっても。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示