チャレンジCの枠順が確定!

2021年12月3日 10:30

 伝統ある芝の中距離重賞「第72回チャレンジC」。昨年はレイパパレがデビューから5連勝でV。勢いそのままに今年4月の大阪杯でもコントレイルやグランアレグリアを破ってG1馬の仲間入りを果たした。

 “牝馬の時代”とも言われる昨今、1枠1番の3歳牝馬ジェラルディーナに注目が集まる。父にGⅠ6勝のモーリス、母にGⅠ7勝のジェンティルドンナを持つ超良血。目下3連勝中と覚醒の兆しを見せている。三冠を達成した母とは違い、父の本格化は4歳時。同馬もこのレースが転機となる可能性は十分だ。勝って来年のGⅠ戦線に名乗りを挙げたい。

 8枠11番の3歳牡馬ソーヴァリアントも来年に向けて負けられない1戦となる。セントライト記念2着後、疲労などの影響で態勢が整わず菊花賞を見送ってこのレースに出走。弥生賞では4着も上位三頭はタイトルホルダー、シュネルマイスター、ダノンザキッドと世代でも有数の強豪馬だけに、期待がかかる。

 中の人注目は7枠9番のアルジャンナ。阪神では4戦して1勝2着2回と好相性で、唯一の馬券外も5着と安定している。もともと中距離で走っていたことから富士Sからの2F延長も対応可能だろう。また、池江厩舎からは6枠7番のペルシアンナイトとの2頭出し。今年はまだJRA重賞勝ちが無いが、勝てば現役調教師の最長記録を更新する16年連続JRA重賞勝利となる。名門厩舎の意地が見たい。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示