【浜田・東京本社ワンモアトライ】1日阪神10R 砂で開花したバトルクライがもう一丁

2022年5月1日 08:00

 端午S。バトルクライの近2戦は衝撃の連続。まず2走前。芝4戦未勝利で迎えた初ダート。あっさり先手を奪うと、4角先頭から直線独走。2着に10馬身差をつけた。勝ちタイム1分11秒9は同日同場のメイン、3勝クラス・伊賀Sの2着相当。3歳未勝利戦にありがちな派手な勝ちっぷりだが、時計の裏付けもちゃんとある。

 そして昇級の前走は外15番枠から後手に回り、終始、密集した馬群の外を回らされる形。かなりロスの大きい競馬だったが、直線に向くと他馬が止まったように見えるほど、あっさり抜け出し。2着に1馬身の着差以上の完勝だった。ダート短距離の適性とポテンシャルは、間違いなく世代トップレベル。前走の運びなら1F延長は全く問題ないだろう。V3濃厚だ。(8)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示