【馬券道 特別編】25日東京8R 距離短縮歓迎ノストラダムス

【馬券道 特別編】25日東京8R 距離短縮歓迎ノストラダムス

2022年6月25日 08:00

 週末は栗東トレセンで勤務、金曜朝は宝塚記念出走馬の気配をチェックした。動きで目を奪われたのがディープボンドだ。ダートのEコースに入るやいなや、ものすごい勢いで1コーナーへと駆けていった。谷口助手は「序盤の入りをああいう感じで行ってもらえればと思います。今回は距離が短くなるので、そのあたりも意識して攻め馬をやっています。ある程度は付いて行けなければ、困りますからね」と説明してくれた。前走から距離が1000メートル短くなる分、スタートして置かれる可能性も去来する。そんな不安をクリアするためにも、普段から考えて調整が進められている。

 今日の狙いは<8>ノストラダムス。こちらは距離短縮を素直に歓迎した。鈴木孝師は「前走は残り100メートルで脚が上がった。前々走で勝っている距離に戻るし、障害重賞の中でも一番距離が短いですからね」と話す。ここを狙っての起用、逃げ切りに期待した。

 予想印は◎ノストラダムスで○エイシンクリック、▲ゼノヴァース、☆タイキフロリゼル、△ホッコーメヴィウス、マリオ、テーオーソクラテスへ。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示