レパードSの枠順が確定!

2022年8月5日 10:30

 中央競馬では数少ない3歳ダート重賞のひとつ「第14回レパードS」。秋以降の飛躍に向けて成長著しいメンバーが顔をそろえた。なかでも2枠2番タイセイドレフォンの充実ぶりは目を引く。前走・弥富特別は8馬身差の圧勝で古馬陣を撃破。今回と同じコーナー4回の左回り1800メートルで圧勝したことは、初参戦の新潟にも結びつく。

 半兄にオメガパフュームがいる良血ホウオウルーレットは6枠10番に入った。新馬、黒竹賞の連勝は逃げ、先行だったが、前走・いわき特別は後方から進出し古馬を寄せ付けず5馬身差V。高い競馬センスが光る。鳳雛Sでタイセイドレフォンに完勝した5枠9番ハピも優勝候補。3戦3勝の左回りに戻るのはプラス。ここでの賞金加算を目論む。

 中の人注目は連勝中と勢いに乗る7枠12番のシダー。片山助手は「もまれ弱い部分がある」と話すが、リズムよく走ることができれば上位進出も。父ホッコータルマエのように、このレースを飛躍の足掛かりとしたい。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示