栗東トレセン、厩舎従業員1人が新型コロナウイルス感染

2021年1月21日 05:30

 JRAは20日、栗東トレセンに所属する厩舎従業員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。当該従業員は現在、医師の指示に従い、隔離の上で療養中。23日以降の中央競馬は引き続き感染拡大防止を徹底しつつ、無観客競馬で予定通り開催される。

特集

2021年1月21日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示