【東海S】インティ、馬なりラスト1F12秒4 野中師「サラッとやりました」

2021年1月21日 05:30

CWコースにて単走で追い切るインティ(撮影・亀井 直樹)

 一昨年の覇者インティは3年連続の東海S参戦。最終追い切りはCWコース単走で6F83秒2~1F12秒4を馬なりでマーク。野中師は「サラッとやりました。先週、しっかり負荷をかけているので中身はできている」と手応えを感じ取っている様子だ。

 前走・チャンピオンズCは武豊が「悩めるG1馬」と称した通り伏兵扱い(10番人気)されていたが、フタを開ければ見せ場たっぷりの3着だった。指揮官は「中京1800メートルは実績があるし、昨年(58キロで3着)より1キロ軽いのもいい。その時よりいい状態で出せるので、本番へ向けて結果を出してほしい」と、フェブラリーS(2月21日、東京)に弾みをつける復活Vを誓った。

特集

2021年1月21日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示