【東海S】デュードヴァン、念願重賞初Vへ軽快 併せ馬で余裕の3馬身先着

2021年1月21日 05:30

併せで追い切るデュードヴァン(左)(撮影・西川祐介)

 中京日曜メインのダート重賞「第38回東海S」。唯一の4歳馬デュードヴァンが最終追いで絶好の動きを披露。念願の重賞初Vに向けて上昇をアピールした。

 開門直後の整地されたWコースを弾むように駆け抜けた。5F68秒1~1F12秒7。2馬身前を行くモルタル(4歳2勝クラス)を残り1Fで難なく抜き去り、豪快に3馬身先着。加藤征師は「動きも良くて、状態も上がってきています。何の不安もない」と体調面に太鼓判だ。

 昨年はユニコーンS2着、レパードS4着。重賞にあと一歩で届かなかったが、潜在能力は示した。休み明け2戦目の前走・師走S(5着)は大外から粘り強く伸びた。指揮官は「前走はしっかり脚をためて、しまいも脚を使ってくれた。右回りは若干コーナーワークに難がある分、内を通った馬との差もあったと思う」と成長を感じている。今回は全3勝をマークしている左回り。所属する加藤征厩舎は1歳下のグラティアスが17日の京成杯を勝ち、勢いも上がっている。念願の重賞Vを飾ることができれば、後輩に続くG1舞台が待っている。

特集

2021年1月21日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示