【ニュージーランドT】タイムトゥヘヴン、楽々2馬身先着 陣営「落ち着いていた」

2021年4月8日 05:30

 タイムトゥヘヴン(牡=戸田)はWコースでプロトスター(障害未勝利)と併せ馬。5F67秒0~1F12秒6(馬なり)で楽々と2馬身先着した。斎藤助手は「時計も動きも良かった。馬も落ち着いていた」と好感触。4戦連続の2000メートルからマイル戦にシフト。「前半で力むところがあるので距離を詰めてみる。母(キストゥヘヴン)もマイル(桜花賞)で勝っているから楽しみ」と新味に期待だ。

特集

2021年4月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示