【春雷S】ジャンダルム 初スプリント戦快勝!荻野極「能力高い」

2021年4月12日 05:30

春雷Sを制した萩野極騎乗のジャンダルム(撮影・西川祐介)

 中山メイン、11R春雷Sは好位追走のジャンダルム(牡6=池江、父キトゥンズジョイ)が直線、外を伸びて1番人気に応えた。

 初の1200メートル戦で快勝。荻野極は「二の脚で好位に取り付けた。強い内容で勝てて良かった。距離が向いているのもあるが能力が高い」。母はスプリントG1・2勝のビリーヴ。池江師は「中山が合うのでスプリンターズS(10月3日)を目標にしたい。そこへ向けて逆算してオーナーと相談してレースを選びたい」と話した。

特集

2021年4月12日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示