【桜花賞】サトノレイナスまた2着 上がり32秒9も首差及ばず、陣営大外嘆く

2021年4月12日 05:30

桜花賞 クビ差でサトノレイナス(右)に勝利し白毛馬初のクラシックを制したソダシ=中央(撮影・奥 調)

 サトノレイナスは阪神JFに続き、またもソダシの前に2着。外から上がり32秒9のすさまじい決め手を繰り出したが首差及ばなかった。だがゴール後、ルメールはソダシの吉田隼に声を掛けて祝福。ハイレベルな一戦での健闘を称え合った。

 ルメールは「18番枠、ありがとう」と皮肉なジョーク。大外を嘆きたい気持ちを懸命に押しとどめた。スタートもわずかに遅れて道中は、ほぼ最後方。そこから懸命に詰めたがソダシの常識破りの強さの前に散った。「本当にいい競馬だった。(枠番は)仕方がないね。オークスへ行きましょう」。ルメールはあえて声のトーンを上げ、気持ちを切り替えた。

 「敗軍の将、多くを語らずだよ」と国枝師。「枠がもう少し内めなら…」と少しだけボヤいたが「本質的にマイルは忙しい。オークスで頑張りましょう」と主戦と同じ言葉で結んだ。次なる決戦舞台は東京2400メートルだ。

特集

2021年4月12日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示