【セントウルS】戦い終えて

2021年9月13日 05:30

 ▼4着ジャンダルム(浜中)後ろ扉にもたれてスタートが遅れた。最後は凄い脚。五分のスタートなら勝っていた。能力的にはG1を勝てる。 

 ▼5着カレンモエ(松山)スタート良く、いい位置を走れた。相手は強力だったが、一瞬やれるかなと。馬はしっかり頑張っています。

 ▼6着シャインガーネット(鮫島駿)この時計だし、いつものレースでは勝つのは難しいとポジションを取りにいった。やりたい競馬はできたと思います。

 ▼7着タイセイビジョン(西村師)スタートのタイミングがずれて戸惑った。開幕であの位置では厳しかったが、最後は追い込んで来た。馬は成長しているし1200メートルの距離も合う。

 ▼8着ラヴィングアンサー(岩田望)いい位置で競馬ができた。最後はジリジリ脚は使っている。次はG1ですが、開幕週じゃないので。

 ▼10着ナランフレグ(丸田)脚はちょこちょこ使っているが、本来はもっと切れていい。

 ▼11着シゲルピンクルビー(和田竜)イレ込んでテンションがいつもと違い、ちぐはぐな競馬になった。夏から3戦目。馬も苦しかったと思う。

 ▼13着ラウダシオン(M・デムーロ)久しぶりの競馬で忙しい流れ。次は良くなってくれると思う。

 ▼14着レッドアンシェル(武豊)3コーナーすぎで狭くなり、リズム良く競馬ができなかった。

 ▼15着メイショウチタン(幸)3コーナーすぎでハミ掛かりが良すぎて、自分のリズムで走れなかった。

 ▼16着ジャスティン(菱田)芝、ダート関係なく自分の形に徹しようと。勝負どころで離されて。

 ▼17着シャンデリアムーン(斎藤)強いメンバーの中でハナに行けたのは収穫。これがいい経験になってくれたら。

特集

2021年9月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示