【京成杯AH】カテドラル 悲願の重賞初V、テン乗り戸崎が技ありエスコート

2021年9月13日 05:30

<中山11R京成杯AH>カテドラルでレースを制しガッツポーズする戸崎(撮影・郡司 修)

 「第66回京成杯AH」は12日、中山で行われ、7番人気カテドラル(牡5=池添学)が重賞初制覇を飾った。

 同じ勝負服がほぼ同時にゴールに飛び込んだ。逃げたコントラチェックか、直線一気カテドラルか。キャロットファーム所有馬同士の首差の大接戦を制したのは戸崎駆るカテドラル。鞍上は戻ってくるなり、「すみません」と池添学師に頭を下げた。

 理由は直線の攻防。絶好の手応えで直線を向いた人馬は行き場を失った。「今の中山は内有利、前残りの馬場。正直、後ろから行く馬だからどうかと思っていた。内枠だったので内をさばいていこうと決めていた」と勇気を持って馬群に潜り込む。しかし、残り200メートルを切っても前が壁。「手応えはあったが、進路を探すのが大変だった。馬がうまくさばいてくれた」。四方を確認しながらの冷静なエスコート。前が開くと得意の剛脚でぐんぐんと加速した。首差とらえたところがゴールだった。重賞初勝利という結果について聞かれると、「勝ち切れていなかった馬。勝ててよかった」とようやく笑顔を見せた。

 一方、池添学師は「凄く上手に乗ってもらった。“スタートだけ気をつけてください”とは伝えていたが、道中もうまく折り合っていた。直線で進路を探しながらになったけど、よく届いてくれた」と初コンビの鞍上を絶賛。かねて気性面が課題で、重賞2着4回とあと一歩タイトルに手が届かなかったカテドラル。5歳の秋を迎え、本格化を証明するVとなった。「年を重ねたからか普段から落ち着いていて、パドックでもリラックスして歩けるように。能力を発揮できるようになった」と愛馬の成長に目を細める。次走は未定も「ようやく重賞を勝てたので、大きな舞台で頑張ってほしい」。近く訪れる4度目のG1舞台は重賞ウイナーとして胸を張って挑むことになる。

 ◆カテドラル 父ハーツクライ 母アビラ(母の父ロックオブジブラルタル)16年2月9日生まれ 牡5歳 栗東・池添学厩舎所属 馬主・キャロットファーム 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績19戦4勝(重賞初勝利) 総獲得賞金1億8240万7000円 馬名の由来はスペインのアビラにある大聖堂。

 【京成杯AHアラカルト】

 ☆騎手&調教師 戸崎は13年エクセラントカーヴ以来、同レース2勝目。JRA重賞は今年の七夕賞(トーラスジェミニ)以来で今年4勝目、通算60勝目。池添学師のJRA重賞Vは今年のスプリングS(ヴィクティファルス)以来で通算5勝目。

 ☆種牡馬 ハーツクライ産駒のJRA重賞Vは今年のエルムS(スワーヴアラミス)以来で今年7勝目、通算69勝目。

特集

2021年9月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示