【愛チャンピオンS】セントマークスバシリカ G1・5連勝、凱旋門賞出走なら有力候補

2021年9月13日 05:30

 凱旋門賞の主要ステップG1愛チャンピオンSが11日、レパーズタウン競馬場で行われ、ライアン・ムーア騎乗のセントマークスバシリカ(牡3=A・オブライエン、父シユーニ)が4頭立ての3番手追走からゴール前で差し切った。昨年10月のデューハーストS、仏2000ギニー、仏ダービー、エクリプスSに続くG1・5連勝。昨年は当レースで4着に敗れたソットサスが凱旋門賞を優勝。次走は未定ながら、凱旋門賞に出走すれば有力馬の1頭となりそうだ。

特集

2021年9月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示