【川崎】騎手紹介⑥ 引退から再デビューしたベテラン「衰え感じない」 50歳の岡村裕基が「麺パワー」で躍動

2021年9月13日 12:00

引退から再デビューしたベテラン岡村裕基

 自分の居場所はやっぱり競馬場だ――。川崎競馬で最年長50歳の岡村裕基は1度、引退し再デビューを果たした経歴の持ち主。

 89年に川崎でデビューし、90年全日本新人王争覇戦で優勝。97年にはスパーキングレディーCでオートメンデスに騎乗して、南関重賞初制覇。地方通算413勝を挙げ、騎手会長も務めたが06年に引退した。

 「いろいろあってモチベーションが上がらなかった。35歳だったし、第二の人生を考えるなら早めがいいかな」。子ども3人を抱えながらの決断だった。その後は「食べ歩きが好きだったから」と焼きそば店で修行。「店長までは行かなかったけど、製麺と焼きができるようになった」と振り返る。しかし、自分で店を持つまでには至らず、騎手時代の方が恵まれていたと実感した。

 09年に厩務員として競馬に携わるようになると、次第に騎手復帰への気持ちが沸いてきた。3度試験に落ちたが、4度目で18年度第3回調教師・騎手試験に合格。当時48歳、実に13年ぶりの再デビューが決まった。「初心に帰って全力で頑張ります」と意気込みを語ると、19年4月30日、浦和6Rをプリプリクインダムで差し切り再デビュー後初勝利。通算414勝目を挙げ「平成元年にデビューして平成最後の日に勝てて良かった」とスピーチした。

 騎乗で心掛けていることは「スタートは自分でも下手な方ではないと思うので、スタートしてしっかりいい位置につけ、外を回らないこと」と明かし、50歳となった今でも「衰えは感じない」と言う。「8鞍乗っても全然平気だしね」とスタミナにも自信を見せた。

 同年9月には右足を粉砕骨折する大けがを負い、一時は騎手生命も危ぶまれたが4カ月で復帰と執念を見せた。「現在もしびれている」というが、戻ってきた場所で輝こうという気持ちが故障に優った。

 オフの時間は美食を求めて歩き、最近では大田区雑色にある「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」がイチ押し店だという。山崎誠士騎手と一緒に行くことが多いと話し、行列必至の人気店だけに「しじみスープがおいしいね。ただ、朝早くいかないとダメなんだよ」と笑った。

 焼きそば店で修行し、ラーメン店などグルメを愛する岡村。これからも「麺パワー」を発揮して味のある競馬を見せる。

特集

2021年9月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示