木村哲也師と大塚海渡が和解 解決金80万円は全額寄付の意向

2021年10月8日 12:10

大塚海渡騎手

 デビュー3年目の大塚海渡(20)が、前所属厩舎の木村哲也師(48)からの度重なる暴言、暴行で精神的苦痛を負ったとして、同師に850万円余りの損害賠償を求めた訴訟において、8日、和解が成立した。和解金は80万円。原告側の鈴木和憲弁護士が水戸地裁土浦支部前で取材に対応し、明らかにした。

 ▽大塚騎手のコメント全文

 この度、木村調教師に対して起こしていた民事訴訟において、和解することになりました。和解に応じた理由としては、裁判所から提示された和解条項に、木村調教師が私に対して行った暴言・暴力について謝罪するという内容が盛り込まれていたことが、一番の理由です。木村調教師が謝罪してくれたことにより、今回の裁判は終わりとなりますが、今回の訴訟を契機として、今後、競馬サークル、スポーツ界をはじめ、世の中から暴言・暴力がなくなることを願っています。また、受け取った和解金については、裁判を始める前から決めていたのですが、このようなことが今後起きないようにするためにも、お役に立てていただける機関や団体を探して、全額寄付したいと考えています。最後に、今まで私を励まし応援してくれた方々に感謝します。ありがとうございました。そして、一日でも早く新型コロナウイルスが終息することと、皆様のご健康を願っています。令和3(2021)年10月8日(原文ママ)

特集

2021年10月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示