【秋華賞】スルーセブンシーズ Wコースで躍動1F12秒0、尾関師「調子もいいんでしょう」

2021年10月14日 05:30

ウッドチップコースで追い切るスルーセブンシーズ(撮影・郡司 修)

 紫苑S2着のスルーセブンシーズはWコース馬なりで6F83秒3~1F12秒0。躍動感たっぷりの動きは目を引く。尾関師は「予定より時計は速かったのでこのケアをうまくできれば。調子もいいんでしょう。最後に別に伸ばしたわけではないので」と目を細める。

 コーナー4回の中山1800メートルと2000メートルは【2・1・1・0】と、全て馬券圏内に好走。「コーナー4回の競馬の方が、4コーナーから長く脚が使える。そういう意味では阪神内回り2000メートルはいい。前がある程度流れてくれれば」と自慢の末脚に託した。

特集

2021年10月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示