【秋華賞】ファインルージュ 自慢の伸び披露!ルメール「手応えもコントロールも良かった」

2021年10月14日 05:30

3頭併せで追い切るファインルージュ(中)(撮影・郡司 修)

 紫苑S快勝のファインルージュはWコース3頭併せで5F68秒7~1F11秒5。内グランパラディーゾ(3歳2勝クラス)、外ダーリントンホール(4歳オープン)の真ん中で軽く反応を確かめる程度でビュンと伸び、楽々併入した。

 楠助手は「1週前にはルメール騎手が成長を感じてくれました。体はできているので、今週は輸送もあるので目いっぱいはやらず。馬が後ろから来た時にファイトしてくれればと、気持ちの面を図る意味で併せ馬をしました。良かったと思います」と前向きに話した。

 1週前追いで騎乗した再コンビのルメールは「手応えもコントロールも良かった。(前回騎乗したフェアリーS1着時の)1月と比べ、大人になった。凄くいい状態」とベタ褒め。さらに「ソダシにリベンジできます!!ソダシはタフ。体を併せたら止まらないから、ちょっと離して勝負したい」と作戦を明かし、自慢の瞬発力で逆転1冠を見据えた。

特集

2021年10月14日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示