【京都2歳S】ライラック 美浦から果敢に遠征挑戦、来春見据え強豪牡馬と対戦

2021年11月23日 05:30

美浦トレセンで調整するライラック

 昨年に続き今年も阪神で開催される京都2歳S。牝馬ながら美浦から遠征で果敢に挑戦するのがライラックだ。東京の初戦は好位で折り合って、直線も楽な手応えのまま。残り100メートルで余裕を持って抜け出した。「ノーステッキだったね。正直、大丈夫かと思って見ていたが、ジョッキー(M・デムーロ)は“全然平気”って。乗り役がそう言うのだから調教師よりも説得力がある」。相沢師は冗談交じりに振り返るが、期待はかなり大きい。

 半兄ブラックホールは19年札幌2歳Sの勝ち馬。クラシック3冠に皆勤し、菊花賞では5着に健闘した。兄も育てた相沢師は「故障がなければ、もっと成績を残せていた馬。妹も兄と同等の素質を感じているから」と評する。

 「距離はどれだけあってもいい」というスタミナ自慢だが、年内は2歳牝馬に適した中距離のレースが少ない。初戦の手綱を取ったミルコの都合も考慮し、遠征での重賞挑戦を決めた。「うるさい馬じゃないから輸送は心配していない。今の時期なら牡馬ともそれほど力差はないはず。使った後もテンションが上がらず、カイバも食べているので楽しみ」。かわいい子には旅を。来春を見据え、あえて強豪牡馬に挑む。

特集

2021年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示