【ジャパンC】グランドグローリー 心身ともに調子戻った、決め手に懸ける

2021年11月23日 05:30

 フランスの牝馬グランドグローリーは競馬学校のダートコースで、ごく軽めのキャンター1600メートルを消化した。デュモン助手は「ゲート試験(合格)では素直に出てくれた。カイバはほぼ完食し、心身とも調子が戻っている。レース中に自分をコントロールできる馬。前半は体力を温存し、後半に力を発揮する競馬を」と決め手に懸ける作戦を明かした。

特集

2021年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示