【ジャパンC】ユーバーレーベン絶好舞台 唯一の前走・秋華賞組 3歳の勢いも力に

2021年11月23日 05:30

データが導いた本命はユーバーレーベン

 過去10年の傾向から好走馬を探し出す「G1データMAX」。先週のマイルCSは推奨したダノンザキッドが5番人気3着と好走した。2週連続ヒットを目指して「第41回ジャパンC」を徹底分析。その結果、高配が期待できる“お宝ホース”を発見した。

 (1)ステップ 前走・秋華賞組は【2・1・1・2】で18年1着アーモンドアイ以降、19年2着カレンブーケドール、20年3着デアリングタクトと3年続けて好走している。古馬牡馬との重量4キロ差は大きなアドバンテージだ。今年はオークス馬ユーバーレーベンが唯一、該当する。

 天皇賞・秋組は最多6勝。6番人気以下の馬は【0・2・3・26】と不振だが、5番人気以内に支持された馬は【6・1・5・12】で勝率25%、連対率29%、複勝率50%。人気馬なら信頼して良し。G2組は17年1着シュヴァルグラン(前走・京都大賞典3着)を最後に馬券圏内から遠ざかっており【2・2・1・42】で勝率4%、連対率9%。オープン特別組、G3組になると一度も好走歴がなく、G1以外のローテは手を出しづらい。

 (2)世代 近年は3歳の勢いが凄い。17年2着レイデオロ以降、4年続けて好走している。昨年は2着コントレイル、3着デアリングタクトが馬券圏内に入った。17年以降に限れば【1・3・1・2】で連対率57%、複勝率71%。他の世代と比べて優秀な成績を残している。

 5歳は19年スワーヴリチャード、20年アーモンドアイと連勝中。好走した延べ12頭のうち7頭は外国人ジョッキーだった。14年エピファネイアから3年続けて勝利した4歳は以前ほどの活躍ではないが【4・2・3・41】とまずまず。6歳以上は【0・0・2・44】で馬券に絡んだ2頭は11年14番人気3着ジャガーメイル、13年11番人気3着トーセンジョーダンと伏兵の7歳だった。

 (3)外国馬 今年はBCターフ2着と好走したブルームをはじめ、3頭の外国馬が参戦する。だが、日本の高速馬場に対応できた馬はわずか。11年1番人気に支持されたデインドリームが6着に敗れるなど過去10年の最高着順は13年5着ドゥーナデン、17年5着アイダホと掲示板が精いっぱい。勝ち馬は05年アルカセット、馬券圏内は06年3着ウィジャボードまでさかのぼる。

 【結論】データ班の本命はユーバーレーベンだ。ジャパンCと同舞台である5月・オークスでG1初制覇。コース適性は既に示している。抜群の安定感を誇る前走・秋華賞組というのが決め手となった。3歳牝馬が初対戦で古馬撃破とみた。

 相手はひねってモズベッロを対抗にする。天皇賞・秋は13着に敗れたが本命馬と同様、ローテ&年齢をクリア。昨年の宝塚記念が12番人気3着、今年の大阪杯が6番人気2着とG1でいい仕事をしている。休み明けを2回使って、そろそろ変わるか。これがラストランの3冠馬コントレイルは年齢が唯一の減点材料。実績は最上位だが3番手にとどめた。(データ班)

特集

2021年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示