【ジャパンC】ジャパン、ブルームともに体調良好 ダートコースで調整進む

2021年11月23日 05:30

 千葉県白井の競馬学校に滞在中のジャパン、ブルームのA・オブライエン厩舎2頭はダートコースで軽めのキャンター1400メートル、インターバルを入れて強め(1F15~18秒程度)のキャンター1400メートルと精力的にメニューをこなした。キーティング助手は「ともによく食べ、馬房でもリラックスして体調はばっちり。ゲート試験(合格)の内容も良かった」と語った。

特集

2021年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示