フランジヴェント うまく立ち回れるか

2020年10月16日 15:12

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて12鞍に騎乗します。

レーヴドゥラプレリ(土曜2R)は調教で乗っていますが、まだ追ってからがもうひとつ。先々は走ってきそうですが…。

ラカン(日曜2R)は緩さは徐々に良くなってきていますし、前走も最後はいい脚を使ってくれましたからね。現状では前半急がせない競馬が良さそうなので、今回もハマり待ちにはなりますが、展開次第ではもっとやれても良さそうです。

フランジヴェント(日曜12R)は前走頑張りましたが、本質的にマイルは少し長いので、うまく立ち回れるかどうかです。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
2Rレーヴドゥラプレリ ☆☆☆
前走は外々を早めに追い上げ最後は甘くなったが、2番人気に支持されていたように調教の動きは目立っていた馬。立ち回りひとつで上位食い込みがあっても。良血馬で素質秘めるアカイトリノムスメ、前走の末脚目立っていたマリノアルカディア、競馬センスがいいラングロワが強敵か。

5Rトピックス ☆☆
馬体的にもう一追いがベストだが、乗り込み本数は足りており、走れる態勢は整った様子。気性も悪くはなく、初戦から差のない競馬ができても。スタートが速く新馬向きのウィスク、高気配でスピード感十分のヴィクトゥーラ、最終追い切りで上級クラス馬相手に先着と能力高いスカリーワグが上位候補か。

6Rパイオニアバローズ ☆☆
前走は脚抜きのいいダートが合わなかったのか12着と大敗したが、2~3走前に3、2着と通用する力は見せている。休み明けになるが鉄砲実績もあり、極端な道悪にならなければ変わっても不思議ではない。長くいい脚を使うファイヴレター、渋太さがあるネヴァタップアウト、好仕上がりのコスモストライカーが上位候補か。

10Rミュージアムヒル ☆☆
近2走は本調子になかったのか二桁着順だが、過去に現級で2着2回3着1回と能力は十分。良績の多い東京替わりと立て直した効果で変わり身があっても。東京巧者で仕上がりも良いビックインバイオ、渋太く脚を使うペイシャドリーム、長くいい脚を使えるカルリーノが上位候補か。

12Rディロス ☆☆☆
今回が初ダートになるが、ダートコースでの調教で好時計をマークし適性はありそう。近走成績は一息だが、新馬戦で楽勝するなど潜在能力は高く、一変しても不思議ではない。底を見せていないマックス、好仕上がりのフルデプスリーダー、東京は相性が良いラブリーエンジェルが強敵か。

日曜日
1Rラインマン ☆☆
2走前は出遅れもあり8着だったが、前走は直線で見所のある末脚を使い3着。直線の長い東京に替わるのは魅力で、やや低調な今回の組み合わせなら再度上位争い可能。末脚堅実なラインプリンス、太目の前走を叩かれ上積み十分のグリモリオ、好仕上がりのユングヴィが上位候補か。

2Rラカン ☆☆☆
まだ完成途上ではあるが、それでも毎回末脚は堅実で、前走もメンバー最速の上がりを使い4着。直線の長いコースは合っており、展開ひとつで上位争い可能。エンジンのかかりが遅いが新馬戦で2着と能力示したインナリオ、渋太さがあるルーパスデソーロ、能力は秘めており芝で変わる可能性十分のミエノムガールが強敵か。

4Rベッラノーヴァ ☆☆
再仕上げになるが、帰厩後は併せ馬中心に順調に調整され態勢は整った様子。まだ小柄で非力な面は残るが、仕上がりの良さでどこまでやれるか。乗り込み本数は少ないが仕上がりの良さが目立つアオイシチフク、1週前に好時計をマークしたペイシャケイティー、最終追い切りで鋭い動きを見せたロジプリンが上位候補か。

5Rヴァイスメテオール ☆☆☆
乗り込み量が豊富で仕上がりが良く、最終追い切りでは古馬2頭相手に手応え十分で先着と素質の高さもうかがえる。初戦から上位争いも十分可能。良血馬で動きも目立つシテフローラル、1週前に余力十分に好時計をマークしたイルギオットーネ、パワフルで迫力ある動きが目立つゴールデンシロップが強敵か。

10Rクライシス ☆
過去に現級でも2、3着と好走歴はあるが、年齢的なものか近走成績が一息。立て直した効果で少しでも前進があればいいが…。前走は脚を余したバンプトンハート、器用さがあり昇級でも相手なりに走れそうなイメル、末脚強烈なサトノギャロスが上位候補か。

11Rアクート ☆
骨折などで休養が長引き、今回は1年以上の休み明け。いい頃と比べると追い切りの動きが物足りなく、数戦使ってからか。オープン特別なら実績上位のトリコロールブルー、長くいい脚を使うトーセンカンビーナ、東京巧者のロシュフォールが上位候補か。

12Rフランジヴェント ☆☆☆
前走はクラス2戦目で2着とメドの立つ内容。少し間隔が開いたが調教の動きは良く、今回もうまく立ち回れば上位争い可能。自己条件に戻れば力量上位のグランデマーレ、東京マイルは合うオーロラフラッシュ、休み明けでも好仕上がりのクロノメーターが強敵か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示