ペガサスワールドC 復活ニックスゴーに注目

2021年1月21日 05:30

 23日にガルフストリームパークで行われるG1ペガサスワールドC(ダート1800メートル)へ向けた前売りで、ブックメーカー各社が2・5倍前後のオッズを提示し1番人気に推しているのが、ニックスゴー(牡5)だ。

 17年のキーンランド9月1歳市場で韓国馬事会が8万7000ドル(約978万円)で購買し、北米で現役馬として所有しているのがニックスゴーだ。2歳10月にG1ブリーダーズフューチュリティを制し、一躍スターダムにのし上がったが、3歳時は一転して未勝利に終わった同馬。転厩して迎えた4歳時も剥離骨折で7カ月以上にわたる休養を余儀なくされたが、秋になって戦線に戻ると、キーンランドの一般戦(ダート8・5F)、そしてG1・BCダートマイル(ダート8F)を、いずれもトラックレコードで快勝。劇的な復活劇を果たしている。ペガサスワールドCの勝ち馬には、2月20日に行われる総賞金2000万ドル(約21億円)の世界最高賞金競走サウジCの優先出走権が与えられることになっており、勝てばニックスゴーもサウジCに向かう予定だ。サウジCの行方を占う上でも、ペガサスワールドCは見逃せない一戦となりそうだ。 (競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示