函館スプリントSの枠順が確定!

2021年6月11日 10:30

 今年は札幌開幕週に行われるサマースプリントシリーズ初戦「第28回函館スプリントS」。3月のオーシャンS覇者・コントラチェックは6枠11番に入った。1800メートルの新馬戦でデビューし、3歳時はオークスに出走するなど中距離路線を歩んでいたが、昨秋スプリント戦線へ。2戦連続で二桁着順と苦しむも、3戦目のオーシャンSで見事に勝利し3つ目の重賞タイトルを手にした。3か月ぶりの実戦となるが、レースで手綱を握る丸山は「動きはいい感じ」と納得の表情。重賞連勝へ視界良好だ。

 安田隆厩舎の超良血馬カレンモエは8枠16番から。父ロードカナロア、母カレンチャンはともにスプリントG1を複数勝。両馬も安田隆厩舎の管理馬で、カレンモエはまさに同厩舎の結晶と言える存在だ。それだけに5歳馬ながらキャリアは10戦と大事に使われてきた。ここ2戦は重賞で首差、鼻差と連続2着の悔しい競馬。今度こそ勝ち切って、その才能を証明したい。19年函館2歳Sを制したビアンフェは7枠14番に入った。テンのスピードは折り紙付きだが、レース中に気性の悪さを出す部分も。去勢手術明けの前走・オーシャンSではいきなり3着に好走。ここではさらなる前進が見込める。

 中の人注目は3枠6番のリンゴアメ。50キロで出走できる3歳牝馬の優勝は16年ソルヴェイグ、17年ジューヌエコールと過去5年で2回。ソルヴェイグは12番人気での激走と人気薄でも3歳牝馬は侮れない。シゲルピンクルビーも気になる存在だが、20年函館2歳Sを勝っているリンゴアメの距離適性と洋芝適性はさらに魅力的だ。前走の葵Sでは55キロを背負って12着も勝ち馬との差は0.5秒。負担重量が5キロ減る今回は一発があってもおかしくない。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示