【浜田・東京本社ワンモアトライ】9日阪神11R 満を持して“ホーム”に登場のヴェントヴォーチェ

2021年10月9日 08:00

 オパールS。ヴェントヴォーチェは長期休養を挟みながら、ここまで通算【4110】。負けた2戦を振り返ると、3歳時の雪うさぎ賞(2着)の勝ち馬はジュニパーベリーは今夏にオープン入り。2走前のテレビユー福島賞は、約1年のブランクを克服しての3着。勝ち馬アカノニジュウイチは重賞でも好走歴ありの実力馬。2着グレイトゲイナーは次走でG3アイビスSDに格上挑戦し5着に健闘している。ちなみに勝ったレースにも目を向けると、3走前の鶴ケ城特別は2~5着馬が既にオープン入り。前走TVh杯の2着ファーストフォリオは次走で3勝クラスを突破してオープン入りしている。全成績の数字以上に中身の濃い競馬を経験。オープン初戦だが、見劣りは全くないと言っていい。関西馬ながら、これまでずっとローカル回りで初の阪神参戦。密かに力を蓄えてきた実力馬が、中央場所でベールを脱ぐ。(11)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示