シンザン記念の枠順が確定!

2022年1月7日 10:30

 言わずと知れた出世レース「第56回シンザン記念」。ここを制したジェンティルドンナ、アーモンドアイは後に三冠を達成し、昨年の覇者・ピクシーナイトも3歳でスプリンターズSを優勝した。今年も将来性あふれる素質馬15頭が中京競馬場に集結した。

 新馬Vの手綱を取ったルメールが「新しいグランアレグリア」と称賛したラスールは2枠2番に入った。新馬戦では最後の直線で楽に抜け出すと後続に3馬身半差をつける快勝。キタサンブラック産駒は牡馬に東スポ杯2歳Sを制したイクイノックスがいるものの、牝馬で重賞勝ちした馬はまだいない。名手がほれ込む逸材がここで決める。

 東スポ杯2歳S5着からの巻き返しを図る良血馬レッドベルアームは5枠9番から。兄2頭がマイル重賞を制しており、1Fの距離短縮で変わり身に期待できる。2連勝で勢いに乗るソリタリオは2枠3番。ここまで4走すべて左回りでオール連対しており、前走・こうやまき賞は今回と同じコース。実績のある舞台でタイトルをつかむ。

 中の人注目は5枠8番のウナギノボリ。こうやまき賞ではスタートで後手を踏み、ソリタリオに首差敗れたものの、最後まで差を詰めた末脚は魅力的だ。中間では入念にゲートをチェック。連覇を狙う音無厩舎の仕上げに余念は無い。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示