前哨戦制したナハーニ英国ダービー直行!

2022年4月21日 05:30

 英国ダービーへ向けた前哨戦の一つであるLRブルーリバンドトライアルS(芝10F17ヤード)が、19日(火曜日)にエプソムダウンズ競馬場で行われ、オッズ3・25倍の1番人気に応えてウィリアム・ビュイック騎乗のナハーニ(牡3、父フランケル)が優勝を飾った。

 ブルーリバンドトライアルSは、本番と同じコースで行われる唯一の前哨戦で、近年では、17年にこのレースを勝ったクラックスマンが、ダービーで3着に好走。同馬はその後、G1チャンピオンSなど4つのG1を制するトップホースに成長している。今年の勝ち馬ナハーニは、シェイク・モハメドの競馬組織ゴドルフィンによる自家生産馬で、今年1月にデビュー。2月にケンプトンのノーヴィス(オールウェザー11F219ヤード)を制し、デビュー2戦目で初勝利を挙げると、前走レスターの条件戦(芝11F179ヤード)を9馬身差で制し、2勝目を挙げていた。レース後、同馬が所属するチャーリー・アップルビー厩舎のアレックス・メリアム助手は、ナハーニが6月4日の英ダービーに直行することを表明。ブックメーカー各社は同馬に26倍前後のオッズを提示し、前売り10、11番人気に浮上させている。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示