インスパイラル女王即位の時

2022年6月16日 05:30

 英国では現在、エリザベス女王の即位70年を祝う「プラチナロイヤルアスコット(6月14~18日)」が開催中だ。見逃せない一戦がめじろ押しの中、17日・金曜日のメイン競走として行われるのが、3歳牝馬によるG1コロネーションS(芝7F213ヤード)である。

 5月1日にニューマーケットで行われたG1英1000ギニーの優勝馬キャッシェイ(牝3)と、同15日にパリロンシャンで行われたG1仏1000ギニーでそのキャッシェイを2着に退けて優勝したモングースティン(牝3)の2頭が、ここで再び顔を合わせるのに加え、故障で出遅れていた昨年の欧州最優秀2歳牝馬インスパイラル(牝3)が、この一戦で待望の戦線復帰を果たすのである。実は、英1000ギニーの勝ち馬キャッシェイと2着馬プロスペラスヴォヤージ(牝3)はいずれも、昨年10月のG1フィリーズマイルでインスパイラルに完敗していた馬で、競馬に“たられば”は禁物と承知しつつ、英1000ギニーにインスパイラルが出ていたら楽勝していた可能性が大きいのである。果たして、春の3歳牝馬マイル女王はどの馬か。コロネーションSの行方に、日本の皆さまもぜひご注目いただきたい。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示