【浜田・東京本社ワンモアトライ】19日阪神11R 好走条件がそろったスルーセブンシーズ

2022年6月19日 08:00

 マーメイドS。とにかく荒れる難解レースだが、直近4年の優勝馬は「前走3勝クラスで負けていた軽量馬」。今年が該当馬が3頭。その中で実績最上位がスルーセブンシーズだ。G3紫苑Sでファインルージュ(秋華賞、ヴィクトリアマイル2着)に迫った2着が光る。条件戦の前走3着も振り返れば実はハイレベル。勝ったキングオブドラゴンはその後に阪神大賞典6着、鳴尾記念5着と重賞でも好走。4着に退けたアルビージャは次走で緑風Sを勝ちオープン入り。5着のワイドエンペラーも日経賞で6着に好走した。3カ月半ぶりの実戦だが、過去の2カ月以上の休み明けは【1120】。鉄砲巧者でフレッシュな今回こそが絶好の狙い目だ。

 唯一の誤算は人気。過去4年の優勝馬は10、7、7、10番人気。今回も格上挑戦でおいしいと思いきや、前日売りでは割れたオッズながら1番人気を争っている。毎年のようにだまされ続けたファンも、さすがに気がついた!?(1)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示