【宝塚記念】前走より舞台合う 対抗エフフォーリアとの3連単2頭軸マルチで勝負

じゃい 稼ぐギャンプル 新伝説編

【宝塚記念】前走より舞台合う 対抗エフフォーリアとの3連単2頭軸マルチで勝負

2022年6月25日 08:02

 さあ、今年の上半期最後のG1となる宝塚記念。フルゲート18頭立てで面白いメンバーがそろった。

 本命は(7)デアリングタクト。前走のヴィクトリアマイル(6着)は、昨春の香港遠征(クイーンエリザベス2世C3着)以来1年ぶりの実戦で馬体重22キロ増。出来は良かったとは言えない状態だったが、レース内容はさすがの地力を見せてくれた。

 実戦を一度使った上積みは確実だし、前走の東京芝マイルよりも今回の阪神芝2200メートルの舞台の方が好条件。調教の動きも良化は確実。3歳時に無敗で牝馬3冠を制した名馬が、ケガを乗り越えての復活劇で感動のレースになることを望みます。

 対抗は(4)エフフォーリア。前走・大阪杯の負け(9着)は不可解だが、仕上がりはあまり良くなかった。同じ轍(てつ)は踏まないだろうし、実績的にはここでは抜けている。能力を出しきれれば、このメンバーでも負けることはない。早熟だった…なんてことはないはずだ。

 3番手に(15)ディープボンド。今回の2200メートルの距離は若干足りない感はあるが、阪神芝コースは【2・3・0・0】と連対率100%の得意舞台。出来もピークの状態。まず、大崩れはしないだろう。

 他では、小回り巧者で前走の大阪杯(3着)も強い内容だった(13)アリーヴォ。穴で、海外で2連勝を飾って参戦してきた(8)ステイフーリッシュ。人気だが、追い切りの動きは抜群に良かった(6)タイトルホルダー。(10)ヒシイグアス、(1)オーソリティも押さえる。

 馬券は3連単2頭軸マルチで(4)―(7)―(1)(6)(8)(10)(13)(15)を各1000円の計3万6000円勝負!よろしくちゃーん!

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示