コパノキッキング 武豊とのコンビでサマーチャンピオンへ

2020年6月23日 10:22

 ダート重賞4勝のコパノキッキング(セン5=村山)は武豊との新コンビで、佐賀の交流重賞・サマーチャンピオン(8月12日)を目指すことが分かった。

 19年のG1フェブラリーS(5着)からは2走前の根岸S(2着、マーフィー騎乗)を除き、藤田菜七子が騎乗して話題を集めたコンビ。4月の東京スプリント(5着)を使ったあとは、放牧に出ている。

 村山師は「レースの1カ月ぐらい前にはトレセンに戻す予定。武豊騎手にはデビュー前から乗ってもらおうと話していたし、ようやく乗ってもらえるタイミングが来ましたね」と名手との新コンビに期待を寄せていた。

特集

2020年6月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示