【札幌10R】アンティシペイト“出世レース”制す!未勝利から3連勝で「まだまだ良くなりそう」

2020年8月2日 05:30

 菊路線に新星が現れた。札幌10R・阿寒湖特別は、武豊騎乗の1番人気アンティシペイト(牡3=国枝、父ルーラーシップ)は2番手から抜け出し、そのまま押し切った。未勝利から3連勝を飾り、クラシック最終戦の菊花賞に向けて注目の存在となりそう。鞍上は「ハナに行けたらいこうと思ったけど、番手でも競馬はできた。2周目の3角から手応えは良くなかったが、力で押し切ってくれたね」と評価した。今後は未定ながら「まだまだ良くなりそう」と名手からのお墨付き。当レースを制した3歳馬にはステイゴールド、マンハッタンカフェ、ファインモーションがおり、今後の活躍が期待される。

特集

2020年8月2日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示