【STV賞】ハナズレジェンド 末脚圧巻!4角最後方からV「決め手は一枚上だった」

2020年8月2日 05:30

STV賞を制したハナズレジェンド(手前)

 土曜の札幌11R「STV賞」(3勝クラス)は4番人気のハナズレジェンドが4角最後方から差し切った。手綱を取った藤岡佑は「前走(五稜郭S6着)では進路が空かなかったが、馬群の間を突くほうが伸びる馬。再び馬群を突いた。決め手は一枚上だった」と前走のリベンジを果たして笑顔。矢作師は「追い切りが凄く良かったし、札幌は合っている。次は昨年2着の丹頂S(9月6日、札幌)に向かいたい」と語っていた。

特集

2020年8月2日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示