ドレッドノータス、せん痛手術の予後が思わしくなく安楽死

2020年9月17日 05:30

 15年京都2歳Sと19年京都大賞典を制したドレッドノータス(セン7=矢作)が16日、せん痛手術の予後が思わしくなく、安楽死の処置が施された。前走の札幌記念(11着)後は栗東近郊のノーザンファームしがらきで調整されていたが、13日にせん痛を発症。栗東トレセンの診療所で緊急手術され、経過観察中だった。通算31戦6勝。

特集

2020年9月17日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示