パトリック・スマレン氏、43歳すい臓がんで死去…愛リーディング9度獲得

2020年9月17日 05:30

パトリック・スマレン氏

 アイルランドのリーディングを9回獲得し、欧州のトップジョッキーとして活躍したパトリック・スマレン氏が15日、ダブリン市内の病院ですい臓がんのため亡くなった。43歳。

 18年3月に診断を受け、19年5月に引退。治療を続けていた。01~04年にヴィニーローで愛セントレジャー4連覇。16年にハーザンドで英愛ダービー制覇。日本にも02年ジャパンC(イリジスティブルジュエル11着)、招待競走で5回来日した。JRA通算18戦1勝。アイルランドのヒギンズ大統領も哀悼の意を表した。

特集

2020年9月17日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示