【神戸新聞杯1週前追い】コントレイル始動戦へ「完成近づいた」 余裕の1F12秒3に福永手応え

2020年9月17日 05:30

福永が騎乗し、CWコース3頭併せで先着するコントレイル(左)

 無敗で春の2冠を制したコントレイル(牡3=矢作)が、始動戦となる来週の神戸新聞杯(27日、中京)に向けて、CWコースで1週前追いを行った。先行したステイフーリッシュ(5歳オープン)とタケルラスティ(3歳1勝クラス)をあっさりと突き放し、手応えに余裕を残しながら6F81秒2~1F12秒3。手綱を取った福永は実に満足そうな笑みを浮かべる。

 「春とはトモ(後肢)の感じが全然違うよ。トモを使えるようになったことで、動きも良くなっている。最後はソラを使って遊んだけど、(課題は)それぐらいかな。いい夏を過ごせた証拠やし、完成が近づいてきたね」

 この後は未知の領域となる3000メートルの菊花賞が待ち受けるが、「今は神戸新聞杯のことしか考えてないよ」とキッパリ。まずは前哨戦でひと夏の成長を示し、大目標へと突き進む。

特集

2020年9月17日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示