【セントライト記念】ピースディオン、馬なりで併入も大竹師「先々で良くなる」

2020年9月17日 05:30

併せで追い切るピースディオン(左)(撮影・西川祐介)

 ピースディオン(牡=大竹)はWコースで併せ馬。道中はペルソナデザイン(4歳1勝クラス)の1馬身ほど後ろで少し行きたがるシーンも。それでも最後はシュッと伸びて馬なりのまま併入した。

 大竹師は「引っ掛かったみたいだけど、競馬に行くとそういうところは見せないので。ここまでは順調。相手が強いのでどこまでやれるか。先々で良くなる馬だと思います」と控えめなトーンだった。

特集

2020年9月17日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示