【古馬次走】1年ぶりに戦列復帰を果たしたベストアクター、京王杯SCで2度目の重賞V目指す

2021年3月11日 15:24

 昨年の阪急杯1着以来、2月28日の阪急杯(16着)で休み明けを叩いたベストアクター(セン7=鹿戸、父ディープインパクト)は京王杯SC(5月15日、東京芝1400メートル)を視野に乗り込みを進めていく。社台レースホースが発表した。阪急杯後は宮城県の山元トレセンで調整している。

特集

2021年3月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示