【金鯱賞】キセキ 余裕残しも2馬身突き放す!辻野師「動けていたし問題ない」

2021年3月11日 05:30

坂路にて併せ馬で追い切るキセキ(左)。右はエスシーミホーク (撮影・亀井 直樹)

 転厩初戦となるキセキは坂路併せ馬。明らかに余裕残しながら、併せたエスシーミホーク(4歳2勝クラス)を軽く2馬身突き放して4F52秒8~1F12秒8。辻野師は「1週前、日曜にもCWでやっているので今朝は感触を確かめた。動けていたし問題ない」と状態に太鼓判を押す。不安があるとすれば17年7月(500万下1着)以来となる中京か。「左回りも距離も心配ないが、少しコーナーがきついので、フットワークが大きいこの馬がうまく回れるかどうか」と課題を挙げていた。

特集

2021年3月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示